【クラビ旅行】1日目 バンヤンツリークラビを満喫

旅行

こんにちは、のらねこです。

コロナウイルスの市内感染も落ち着いてきたタイミングだったので、旅行に行きたいストレスが溜まりにたまって、家族で国内旅行に行くことになりました。
場所はタイの南国クラビ2泊3日の旅に決定。
バンコクからクラビへの移動は、飛行機で約1時間30分程度です。

国内旅行のベストシーズン到来

現在は、コロナウイルスにより観光客が規制されているので、タイに住む方にとって、旅行がめちゃくちゃ割安でいけます。
天候も雨季でないので、国内旅行としてはベストシーズンといえます。
ホテルの代金は、Agodaで調べてもSale、Saleで値引き連発。
ホテルにもよりますが、なんと最大80%ほど値下がってます。
飛行機も比較的空席があるぐらいの込み具合にはなっているので、通常シーズンより値段が安くなっています。

ホテル価格

ホテルの価格相場が下がっていることもあり、せっかくなので普段は体験できない高級ホテルに宿泊してみようということで、「タイの5つ星ホテルBanyan Tree Krabi」にしました。

正規料金で一泊約20万円のお部屋ですが、76%Offで一泊で約3万円程度になりました。
サービス料10%、税金(VAT)7%、都市税1%を含めても約3.4万円でした。

これは、めちゃくちゃお得なキャンペーンでした。
一泊20万円の部屋なんて普段は絶対泊まれないので、すごく貴重な体験ができるということで期待感抜群でした。
ホテルの間取りです。
Banyan Tree Krabiはなんと全部屋プライベートプールがあります。

航空券

航空券は、クラビ行は、ドンムアン空港のLCCがたくさん飛んでいたので、タイエアアジアで購入。
往復航空チケット:大人二人、子ども一人で11,296バーツ(約3.95万円)

当日までに準備したチケット費用はこれだけです。
あとは旅行先での費用となるので、当日を迎えるのみです。

旅行当日 1日目

ここからは旅行当日の内容です。
フライトは朝便を利用しました。
AirAsia(エアアジア)便はLCCキャリアのあのでドンムアン空港からの出発となります。

ドンムアン空港(ドンムアンくうこう、タイ語: ท่าอากาศยานดอนเมือง、英語: Don Mueang International Airport)は、タイ王国・バンコク中心部から北方に約20km、ドンムアン区にある国際空港である。

引用元:Wikipediaより

国内線なので40分前ぐらいのチェックインでも問題なく通過できますが、ドンムアン空港のラウンジを体験したかったので、1時間半前ぐらいに到着しました。
イミグレ(荷物検査)はさすがに国内線でしたので、サクサク進みました。

ラウンジ利用

AirAsiaで利用可能なラウンジは、プライオリティパス可能ラウンジのみです。
ドンムアン空港の国内線ラウンジには、2か所のプライオリティパス可能ラウンジがございます。
ラウンジについて気になる方は、過去の記事リンクからご確認ください。

https://www.noranekoblog.com/corallounge/
https://www.noranekoblog.com/miraclelounge-dmk-airport-terminal2/

ラウンジ以外に、子どもが少し遊べるプレイエリアを発見。
小さいお子様はラウンジでゆっくりより、こちらで遊ばせたほうがストレスなく待ち時間を過ごせるかもしれません。

搭乗予定時間になったら、搭乗口に行きます。
LCCは機内の荷物置き場に限りがありますので、オンタイムでの搭乗をおすすめします。

Air Asia 機内

ご存知の方がほとんどですが、
Air AsiaはLCCキャリアの航空会社です。アジア短距離便は比較的本数が多いので、アジアに在住していて近隣国の旅行には、非常に重宝するキャリアです。
私も長いこと旅行や出張ができていなかったこともあり、久しぶりの利用にはなりました。
年間20便は乗っていますが、2時間~3時間程度の比較的問題なく利用できるでしょう。

Air Asia 機内食

LCCの場合、機内食は無料ではありません。
必要な場合は、基本の航空料金に必要なオプションをどんどん追加していくような料金システムです。
預け荷物があった場合、追加料金がとられるので機内食とのパッケージでも金額的に大差がないので機内食も注文させていただきました。

3種類の中では、ビビンバが当たりでした。
パッタイは正直微妙でした。

機内食を食べ終わると、あっという間にほぼクラビ空港に到着するぐらいでした。

クラビ空港からホテルまでの移動

クラビ空港からバンヤンツリークラビホテルまでは車で30分程度。
旅行先での移動代金は馬鹿になりませんので、移動の金額が気になるところです。

クラビから当ホテルへは、大きく分けて①空港リムジン送迎、②グラブタクシー、③メータータクシー④シャトルバスです。
シャトルバス(相乗りのバス)は、クラビ空港からクラビタウン市内を通って、アオナンビーチとノパラートタラビーチを経由してクローン・ムアンまで行きます。個人的には、旅先ではタイムイズマネーなので、遠回りは時間がもったいないので、候補に入れておらず省略させていただきます。(コストは安いです)
空港からのホテル移動は空港リムジン送迎が日本語も通じたりと比較的簡単です。
場所によって値段が変わるかもしれませんが、バンヤンツリークラビまでは900バーツぐらいとのこと。アオナンビーチへは500バーツ程度の様です。
グラブタクシーは、クラビでは初乗りで200バーツとバンコクと比べると5倍程度の価格。バンヤンツリークラビのホテルまで見積で1,000バーツ程度でした。
いろいろ比較した結果、
タクシーは、最初900バーツといわれましたが、ゴリゴリにネゴして最終的に650バーツまで値下げしてもらいました。この辺は徹底して関西人気質です。
運転手さんの運転クオリティやサービスが非常に気に入ったので、帰りも同じタクシーの運転手さんにコールして迎えに来てもらいました。帰りは600バーツでした。
信用をギブしつつリピーター(ファン)がつくタクシーサービスはこれからの時代非常に強いですね。

上記をまとめると、このような値段比較でした。

(注)空港からバンヤンツリークラビのホテルまでの主な移動手段金額比較

  • 空港リムジン送迎:900バーツ程度
  • グラブタクシー : 1,000バーツ程度
  • タクシー: 900バーツ程度(要交渉)=>600~650バーツ
  • シャトルバス:200バーツ程度 

▼実際に利用したメータータクシー

今回は、ホテルでの満喫がメインだったため、道中はタクシー車内から楽しむ程度です。
喧騒のバンコクと違い、時間がスローで癒されます。

Banyan Tree Krabi (バンヤンツリークラビ)

所要時間30分弱でBanyan Tree Krabi (バンヤンツリークラビ)に到着です。

Banyan Tree Krabi (バンヤンツリークラビ)はタイの本格派5つ星ホテルですので、期待感が高まっていました。

到着後から最高なおもてなしが待っています。
ウェルカムドリンクは、バタフライピーとパッションフルーツの特別ドリンクです。
バナナチョコのお菓子が添えられておりました。

ホテルレセプション

レセプションは屋外の開放的なスタイルです。
こちらで、ホテルチェックインをします。

ホテル ルーム

チェックインを終え、部屋に案内してもらいます。
人生で泊まったホテルでは一番豪華なホテルにテンションが上がります。

バンコクの住まいではバスタブがありませんので、こういった旅行の時にバスタブがあると非常にありがたいです。旅行中はゆっくりと寛ぎたいですね。

ホテルファシリティ

ホテルは広大な敷地があり、宿泊施設とアクティビティ関連のファシリティエリアが離れております。

ホテル内の移動は専用カートでどこにでも送ってくれます。
歩いても回れますが、カートを効果的に使えるとかなり便利です。

昼食

チェックインして少し休憩してから、昼食をとることに。ホテル内で昼食が空いているレストランは1か所のみですので、レストラン「NAGA KITCHEN」で昼食をとることに。

専用カートを利用してレストランに向かいます。

数分で昼食会場「NAGA KITCHEN」に到着。
こちらは翌日の朝食ビュッフェ会場にもなっています。
▼NAGA KITCHEN

▼サービスの無料エビ風味チップス
普通にこれだけ十分に美味しいです。

▼マルゲリータピザ
シンプルイズベスト。

▼クラブサンドイッチ
非常にボリューミー。
正直二人でこれ一品でも全然問題ないぐらいのサイズ感です。

ドリンクは、妻と娘がマンゴースムージー
のらねこは、ソーダ―。

結構、お腹を満たしてランチの合計1,430バーツ(約5,000円)
高級ホテルだけあって、レストランの金額も超一流。
でも、おいしくレベルが高いので満足感はかなりありました。

ここから夕食まではプールにはいったり、ジムに行ったり、ホテル内を少し散策したりと
普段のバンコクでの喧騒での疲れから身体を休めつつ夕食まで過ごしました。
普段は旅行に行くと結構ハードに動くことが多いので、こういったゆったりとした楽しみ方も贅沢な時間で満喫できました。

夕食 

夕食はこのバンヤンツリークラビの中ではなく、別のホテル「The Tubkaak Krabi Boutique Resort 」 の中にある「The Arundina」というビーチ沿いのレストランに移動しました。
詳しくはこちらの記事からご確認ください。

https://www.noranekoblog.com/the-arundina-kribi-food/

1日目終了

あっという間にクラビ一日目は終了。
今回はほとんどホテルにいるだけの贅沢旅ですが、こういった旅も新鮮で楽しいです。
タイミング的に人が少ない時期で、リゾートとしてもすごく落ち着いた雰囲気があるので、
かなり素敵な旅になりそうです。

~2日目につづく~ 

https://www.noranekoblog.com/krabi-trip2/

お店情報

Banyan Tree Krabi
■住所:279 Tambon Nongtalay Amphoe Muang Krabi 81180
■電話番号:07-581-1888
■ホームページ:https://www.banyantree.com/en/thailand/krabi
地図(Google Map)

コメント

タイトルとURLをコピーしました