アイコンサイアム 見どころチェック!!

雑記

こんにちは、のらねこです。

2018年11月にオープンした「アイコンサイアム」。高島屋が入ることでも非常に注目とされました。

タイの都市開発建設には珍しく、日系ゼネコンの大林組が入ったことでも非常に注目されておりました。こういった大型の開発案件はタイのゼネコンが施工していることが多いと思っておりましたが、タイの大林(THAI OBAYASHI CORP., LTD)は、タイでは日系企業の工事だけでなく、こういった都市開発を積極的に手掛けているようです。確かに、町中にも多くのタイ大林の工事看板があるイメージです。このあたりのマーケティング展開は、他の日系ゼネコンと違う特色を持つようです。

そんなアイコンサイアムですが、チャオプラヤー川の向こう側ということでバンコク中心部からのアクセスに難がありました。

しかし、最近ではBTSゴールドラインが開通したことで、アクセスが劇的に良くなり再度注目されている、タイ・バンコク注目の最旬スポットです。

https://www.noranekoblog.com/bts-goldline/

アイコンサイアム(ICON SIAM)

「アイコンサイアム」は2018年11月開業の600店舗以上が入る巨大商業施設です。

場所はバンコクのチャオプラヤー川沿い、クローンサーン地区に位置します。

品揃えは豊富でタイ国内の人気ショップからタイ初出店の世界の有名ブランドまで、ここに来ればなんでも揃うと錯覚するほどです。まさにタイの最旬スポットです。
それでは、見どころをお届けしていきます。

見どころポイント① 豊富な店舗

アイコンサイアムには高島屋を含めた、600店舗以上の店舗があり、まさに「鉛筆から車まで」何でもそろうというのが大きな特徴の一つです。
タイでは初となるApple 旗艦店があったりと見どころ満載です。

タイでも最大級のZARAやCOSは見どころ十分ですね。

見どころポイント② レストラン

店舗もたくさんありますが、たくさんの飲食店が入っているのも特徴の一つです。
高島屋にあるROSE DININGには日本食コーナーとなっており多くの日本食が楽しめます。

▼DINING ガイド

以前、記事にした京都の名店 かつくらさんもこちらにあります。
記事が気になる方は、こちらからどうぞ。

https://www.noranekoblog.com/katsukura-bangkok/

シンガポールの4大シーフードの名店の一つ「JUNMBO SEAFOOD」やバクテー屋さんなどアジアを代表する店舗があります。

見どころポイント③ SookSiam

GフロアにあるSookSiamエリアでは、タイの全77県の文化をおしゃれに昇華しており、
タイ在住者だけでなく環境客でも満喫できること間違いなしです。
水上マーケットのような施設もあり非常におしゃれに楽しむことが可能です。

見どころポイント④ キッズエリア

バンコク最大級の無料キッズエリアがあります。

お子さん連れの方はここで遊ばしてあげるだけでも、かなりストレス発散になりそうです。

無料で利用できますので非常にお得です。

人数制限がありますので、左下の看板に待ち時間が表示されています。

フロアを一周できる乗り物もあります。

子どもは終始大満足のようでした。

大きな子もいるのでさすがに常に見ておかないとまだ怖い年頃ですが、また連れてきてあげたいと思います。

おわりに

バンコク最大級のショッピングセンターです。一度や二度では回り切れない内容となっておりますが、皆様ならどのように過ごされるでしょうか。
夜はチャオプラヤー川沿いで毎日開催の噴水ショーもあります。全長400メートルの噴水は、東南アジア一でも最大級のようです。アイコンサイアムの噴水ショーは夜間に1日2回、1回2部構成で15分程度行われます。今回は利用できませんでしたが、次回は是非見てみどころに加えたいと思います。

お店情報

ICON SIAM
■住所:299 Charoen Nakhon Rd, Khlong Ton Sai, Khlong San, Bangkok 10600
タイ語住所:299 ถ. เจริญนคร แขวง คลองต้นไทร เขตคลองสาน กรุงเทพมหานคร 10600
■電話番号:02-495-7080
■営業時間:10.00~22.00
■HP:https://www.iconsiam.com/
地図(Google Map)

コメント

タイトルとURLをコピーしました