とんかつの名店「とんかつ和幸」でカレーを食す 

タイの人気行列店とんかつ和幸 グルメ

こんにちは、のらねこです。

恒例のバンコクのカレー屋めぐり「孤独のカレー」、

カレー屋のカレーはおいしいですが、とんかつ屋のカレーはどうなのか?ということで、

本日はタイのとんかつの名店「とんかつ和幸」さんのカツカレーをレビューしていきます。

とんかつ和幸

タイで最も成功しているとんかつ屋といえば「とんかつ和幸」です。

バンコクでは複数店舗の展開をしておりますが、常に行列ができる人気のとんかつ店となっております。

休日のお昼のピークに行くと、10~20組の待ちは当たり前なので、早めの時間が狙いめです。

とんかつ和幸の魅力

とんかつ和幸の魅力は圧倒的なサービスの数々です。

▼和幸のサービス

  • ご飯・キャベツがお代わり自由
  • 炊き立ての釜ごはん
  • 豚汁がついてくる
  • サクサクのかつ

ご飯・キャベツがお代わり自由

ご飯やキャベツがたくさん食べられますので、かなり満足感が得られます。

キャベツのドレッシングはとゆずドレッシングとゴマドレッシングの2種類がありますので、飽きが来ません。

野菜好きにとっては、非常にありがたいお店です。

炊き立ての釜ごはん

なんといっても、最大の魅力は「白ご飯」のクオリティです。

日本人にとっては、これだけツヤッツヤの白米を海外で食べれるありがたさときたら、最高です。

しかも、このご飯がおかわり自由。

そして、おかわりして食べきれなくてもお持ち帰りもできます。

これはめちゃくたちゃありがたい!

豚汁がついてくる

こちらのセットのお味噌汁は、なんと豚汁です。

バンコクで、豚汁を飲める機会がなかなかないので、豚汁が飲める幸せを感じに行きましょう。

サクサクのとんかつ

もちろん、とんかつのクオリティも高いのでパクパクといってしまいます。

メニュー紹介

「とんかつ和幸」には何度も行っていますが、カレーを食べたことがありませんでした。

カレーのルーがご飯にかかっていますので、「最大の魅力ごはんのおかわり」ができないというのが難点となっておりました。

しかし、バンコクのカレー屋巡りをしているので一度はレビューということで初めてカレーを注文しました。

▼ロースかつカレー(300バーツ)

初カレー。

カレーのルーは熱めでしたが、ルーの味がタイ特有の苦みでした。
ロースカツ自体はおいしかったですが、ルーが惜しかったです。

カレーには、みそ汁がついていない・ごはんのおかわりができないという点もあり、今後は注文しない方向になりそうです。

そのほかのメニューもご紹介します。

印度素繫いんどそけい(360バーツ)

▼睡蓮(380バーツ)

わが家の定番は睡蓮です。

カツもエビフライも楽しめてという系のセットを好んで食しております。

店舗情報

とんかつ和幸(メガバンナー店)
■住所:39 Bang Na-Trat Frontage Rd, Bang Kaeo, Bang Phli District, Samut Prakan 10540
タイ語住所:39 ทางคู่ขนาน ถนนบางนา-ตราด ตำบล บางแก้ว อำเภอบางพลี สมุทรปราการ 10540
■電話番号:02-105-2254
■営業時間:11:00~19:00
■URL:facebook.com
地図(Google Map)

おわりに

やはり、とんかつは圧倒的なクオリティでしたが、カレーはあまり好きな感じでは、ありませんでした。

餅は餅屋という感じで、とんかつ屋ではとんかつを食べるのが最適な気がしますね。

いずれにしても、これからもカレーの追及は続きます。

ほな、バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました