【カレー】王道ココイチはタイにあっても結局うまい!

グルメ

こんにちは、のらねこです。

最近はカレーにハマっています。
そのため孤独のカレーツアーに出かけたいところですが、
バンコクはロックダウン状態ということもあり、ガマンの期間に入っています。
ロックダウン中は大人しく自粛生活を続けて、また落ち着いたらツアーを開始したいなと思っております。

今後ブログでもカレー特集として、タイのオススメカレーランキングを作っていきます。乞うご期待。

本日は「CoCo壱番屋(ココイチ)」さんをお届けします。

CoCo壱番屋

CoCo壱番屋は、日本人に向けて今更語る必要はないカレーの超有名店です。

海外でも多くの国(中国、台湾、韓国、香港、シンガポール、タイ)で展開しており、最近ではインド一号店の出店が注目を浴びておりました。

こちらタイには2008年に進出し、タイ1号店を開店しています。
日本との大きな違いは、
海外では高級路線で店舗展開を図っていますので、タイ人にとっても若干高めの価格帯になっているという印象です。

カレールーや米は全て日本から輸入しているというこだわり様で品質は確保しております。

現在タイには20店舗ありまして、今回行ったココイチの店舗はメガバンナー店です。

メニュー紹介

タイのココイチは、日本同様に豊富な品ぞろえがあります。
辛さは甘口から選べますので、小さいお子様がいてもシェアすることも可能です。

私も3歳の娘がいますので、一緒にシェアするときは甘口で食べています。

▼ロースカツカレー(175バーツ)
350gとかなり多めのサイズです。
180cm越えの大男でも十分なボリュームです。

▼ほうれん草ベーコン炒めカレー(スクランブルエッグトッピング)
ほうれん草カレーは超人気メニューですね。
私も大好きです。

▼キノコクリームオムカレー(190バーツ)
オム系は好みが分かれますよね、女子には人気らしいのですが
男性はカツ系が好きな方が多いかも。

▼豆腐じゃこサラダ(80バーツ)
実は、このサラダはめちゃくちゃおすすめです。
ラー油の味がうまく絡んでおり、胡麻ドレッシングともめちゃくちゃマッチしています。
セットメニューのサラダもありますが、あえてこれを単品で頼むのがココイチ通です。
サイドメニューに力を入れているお店は細部までこだわりを感じるいいお店です。

おわりに

タイにもかなりたくさんのカレー屋・カレーを扱うお店がありますので、いろいろチャレンジしておりますが、やっぱりココイチは抜群の安定感でめちゃくちゃうまいです。

この安定感は海外に来ても別格です。
「王道を笑うやつは、王道に泣く」こういった言葉を再認識させられる安定感のあるお店です。

お店情報

CoCo壱番屋
URL:http://www.cocothailand.com/
地図(Google Map)

コメント

タイトルとURLをコピーしました