101 True Digital Park 完全攻略

101 True Digital Park 雑記

こんにちは、のらねこです。

今タイで徐々に人気が出てきている施設「101 True Digital Park」をご存じでしょうか?

101 true digital parkとは、タイのコングロマリット企業CPグループ(デベロッパーMQDC)が運営している複合施設です。

この施設はエコや快適性などSDGsを意識しており、今後の時代の流れにマッチしており成長が期待できるエリアとして注目されています。

場所は、BTSのプナヴィティ駅から屋根付きのスカイウォークで徒歩5分です。

これまで、True Digital Park の各店舗を紹介してきましたが、この施設をいかに有効に利用していくかを徹底解説していきます。

101 true digital park

こちらの施設「True Digital Park」は、ビジネスオフィスとショッピングセンターとコンドミニアムで構成されています。

True Digital Park
ビジネスオフィス  :101 True Digital Park
ショッピングセンター:101 Third Place 
コンドミニアム   : Whizdom Connect, Whizdom Essence, Whizdom Inspire Sukhumvit

ビジネスオフィス

ビジネスオフィスには、CP系企業のCPFやtrueを中心に、weworkやHUAWEIといったデジタル系の企業のほか、BOSCHやRICOHや三菱電機といった日本人に馴染みの企業もテナントとして入っています。

コワーキングスペースなどが充実している最先端の施設なので、ITビジネスをする企業が多く入っているのが印象的です。

コンドミニアム

コンドミニアムは、Whizdom Connect(2018年竣工), Whizdom Essence(2019年竣工), Whizdom Inspire Sukhumvit(2020年竣工)の高層コンドミニアム3棟が並んでいます。

これら3棟はどれも高級コンドミニアムの「Whizdom」ブランドで、圧巻の施設内容です。

POINT①

最新の高級アパートということもあり施設が一級品です。

このクオリティーの施設ですが、すべて無料で利用できるのは最高です。

日本人入居率は5%以下程度です。

POINT②

朝食が無料!!

こちらのコンドミニアムでは、なんと朝食無料提供サービスがありますので、平日の毎朝朝食がもらえます。

関西人は無料に弱いので、「毎日の朝食がタダ」というのに惹かれますね。

住んでみたい!!

====

日本に住んでいるとこのクラスのマンションにはなかなか住めませんが、タイだと手が届くのもタイに住む大きなメリットの一つです。

ショッピングセンター

ショッピングセンターエリアでは、多くのテナントが入っています。

24時間Free Wi-Fiや、無料のコワーキングスペースなど、最先端の施設になっています。

子どもが遊べる遊具施設も充実してきました。

▼高速無料 Wi-Fiが24時間接続し放題。

▼無料のコワーキングスペース

また、101True Digital Parkは、最先端でSDGsを意識した施設のため、EV 充電設備、太陽光パネル、電力マット、ペットボトルリサイクルなど、多くの設備を備えています。

ペットボトルリサイクル

ペットボトルのリサイクルマシーンも常設されています。

こちらのマシーンでペットボトルをエコに廃棄していくことでポイントをためることができます。

ためたポイントは、こちらの施設で利用できる商品券に交換可能です。

1.5ℓのペットボトル1本で100ポイント、500㎖ペットボトル1本50ポイントですので、
1.5ℓのペットボトル10本で1,000ポイント。

1,000ポイントで100バーツのバウチャーをゲットできるプロモーションがありますので、
その時に大量に交換できるとさらにお得です。

100バーツバウチャー

バウチャー使用可能な店舗は以下の通りです。

バウチャー対応店舗
▼ FOOD & BEVERAGE
1.KOYAMA
2.Plearnwan
3.Ginger Farm
4.All Coco
5.Zaab Eli
6.KAUAI
7.Doi Tung Cafe
8.Olino
9.Starbucks
10.Get Fresh
11.Fresh Me
12.Araya
13.Jinlong
14.True Coffee
15.HOSHI
16.Sewnse's
17.DGB
18.Mheepuan nompun

▼ Lifestyle
1.INZ Clinic
2.Phu,jaithai
3.Boots
4.JYSK
5.Strech Me
6.Natura Glass
7.About Touch
8.Hungry Man Creative Hub
9.Bangkok Drug Store
10.Bavaria
11.Goldem Towel
12.Phutawan Shop
13.Whatever Karmakamet
14.Sport style baibua
15.Everyday Karmakamet
16.Kingkong Pet Shop
17.Charger Shop
18.Relax Place
19.Watsons

スーパーマーケットTOPS以外ではだいたい使えるので、ペットボトルでポイントをためて積極的にバウチャーは使っていけるといいですね。

電力マット

電力を作れるフロアパネルもあります。

エコを意識した近代的なショッピングセンターになっています。

店舗情報

True Digital Park
■住所:101 True Digital Park 101/1 Bang Chak, Phra Khanong, Bangkok 10260
タイ語住所:101 ถนน สุขุมวิท 101/1 แขวง บางจาก เขตพระโขนง กรุงเทพมหานคร 10260
■電話番号:02-009-1101
■営業時間:09:00〜22:00
■HP:http://www.truedigitalpark.com/
地図(Google Map)

おわりに

バンナエリアの発展を支えるプナヴィティの大型施設101 True Digital Parkについて解説していきました。

ただ単純にエコを意識するだけでなく、多くの無料施設や商品券バウチャーがあったり消費者側のメリットが多いことが印象的でした。

ボランティア活動は善意だけでは長続きしないので、メリットが教授できるのはポイントが高いです。

これからはSDGsがささやかれていますので、こういった環境配慮型の施設に企業や人は集まりそうですね。

CPは、大型複合施設「フォレスティア」といった環境配慮型都市開発も進めており、今後の動向には目を離せません。

ほな、バイバイ!

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました