【タイ企業研究】CPグループ タイ最大級のコングロマリット

ビジネス

こんにちは、のらねこです。

タイでビジネスをする際に、
現地の巨大グループを形成する財閥企業の存在を忘れるわけにはいきません。
タイではそれほどまでに影響力を持った現地企業が多く存在します。

私自身もタイでビジネスをしていくうえで、
タイ企業について少しずつ勉強している最中ですが、知識定着のためアウトプットしながら、
アップデートしていきたいと思っております。

タイに赴任当初の頃は、マーケティング先は日系企業しか見ておらず、タイの会社を知ることもありませんでしたが、少しづつ勉強しながら覚えていきました。

ちなみに、私の場合はこの本「ASEAN企業地図」を愛読して学習しています。
イラストも多く非常にわかりやすくまとまっていますのでおすすめです。

タイの財閥企業とは

日本でも戦前は財閥企業(三井財閥、三菱財閥、住友財閥、安田財閥)が事業グループを持っており寡占状態となっていました。
しかし、財閥があると自由競争が生まれないため、財閥は戦後GHQによって解体されてしまいました。

一方でタイでは現在でも財閥企業が多くが存在感を示しております。
つまり、もともとから自由競争が生れにくいという特質を持った国といえるでしょう。

またこれらの財閥企業はネットワークやサプライチェーンの独占だけでなく、ASEAN諸国とも密接につながっております。

グローバル・ウェルス・レポート(Global Wealth Report)2018年によれば、タイ人富裕層の上位1%が、国の総資産の3分の2を保有しているということです。
ここから見て取れることは、タイはかなりの格差社会であるということです。

このような格差社会では、裕福ではない側の人たちにとって「不条理」と感じている方も多いですはずです。

タイでビジネスをするなら、タイの財閥企業について深く知っておくことは、ある種「教養」とも言えますので、どんどん情報をアップデートしながら勉強していきたいと思います。

本日は第一弾としてタイで最強とうたわれる企業「CPグループ」について、お届けしていきたいと思います。

CPグループ

引用元:CPグループ公式Twitterより

「チャロン・ポカパン」の名で、タイで最も知名度のある企業です。
日本でもCP食品が売られ始めおなじみの会社です。
(セブンイレブンのオリジナル商品は実はCPのOEMが多かったりします)
頭文字を取って「CPグループ」と呼ぶ、CP(Charoen Pokphand )グループは、1921年に植物の種を売買するところから発祥となっています。大小系列企業は300社以上の関連会社を持ち、タイのみならず東南アジアや中国、香港、欧州、ロシアなどでも事業を展開している複合コングロマリットグループです。
年間総売上高は1兆5000万バーツ(5兆円弱)で従業員も全世界になんと30万人以上いる一大企業グループです。

創業一族のチャラワノンファミリーは広東省東部の満州出身です。

タニン・チャラワノン(Dhanin Chearevanont)がCEOに就任後、小売り、不動産、通信、保険など多角化サービスを行いながら、CPグループはタイ最大のコングロマリットに成長しました。

CPが行う多角化ビジネス

  • 小売事業  : CPA セブンイレブンフランチャイズ、makro、ロータス
  • 畜産・水産業: CP食品(鶏肉・豚・魚など)、CPメイジ
  • 通信事業  : true、trueマネー
  • 不動産事業 : マグノリア(都市開発)、True Digital Park(CS)、Whidzom(Condominium)
  • ファンド事業: 中国中信(シティック)への1兆円規模の出資(伊藤忠商事と共同出資)
  • 生命保険事業: 中国平安保険(ピンアン・インシュアランス)への出資(中国最大級)
  • 医薬品製造 : 中国生物製薬(シノ・バイオファーマシュティカル)への出資

CPグループ 強み

CPグループの強みは、川上から川下まで自社で完成させることができるシステム。
例えば、鶏肉養殖であれば、飼料から飼育、製品化、販売先、販売ルート、通貨まで一気通貫で行うことが可能です。
傘下の系列企業での事業領域を拡大し続けている。

柱となっているグループの中核事業は3つ。

①CPオール(CPA):セブンイレブンとサイアム・マクロを核とする

②CPフーズ(CPF):CP食品と外食チェーンを擁する食品・飼料統括企業

③通信大手トゥルー

最近ではセブンイレブンでの電子決済もひろがの窓口で航空機チケット決済ができるなど、3事業が相互にシナジー効果をもたらしている。

近年は、中国IT大手アリババと提携しており、Eコマースにも注力しています。

今後は「CP経済圏」という言葉も生まれていくのかもしれません。

https://www.noranekoblog.com/treumoneywallet/

タイ最大の富裕一族

 米経済誌フォーブスが発表した2019 年版の世界長者番付では、タイ勢としてはCPグループのファミリーが圧倒的。

会長のタニン氏は息子3人娘2人で、息子達は関連事業の中核を担っている。

チャロン・ポカパン・フーズ 基本情報

中でも食品部門のCPフードはグループ内の売り上げの3分の1を占めるており、主力分野です。

企業名:Charoen Pokphand Foods PCL

業種 :配合飼料、農場運営、食肉、調味・レトルト食品

資本金:260,000,000USD

従業員:25,000名

おわりに

ここまで盤石の企業、CPグループ。
一族経営が強いCPグループは、タイの富裕層として圧倒的な存在感がありますが、国民からは不満の声が上がり一時期はセブンイレブンでの不買行動もあったようです。

タイは人口も頭打ちとなり成熟化してきているため、今後は世界進出をしていくうえでは企業イメージを高めていく必要も出ていくのではないかなと思います。

今後のCPグループの活躍も注目が高まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました