【映画】劇場版 呪術廻戦 0 レビュー

Jyujyutsukaisen 雑記

こんにちは、のらねこです。

本記事は、劇場版呪術廻戦「0」のネタバレを一部含んでおります。

ネタバレを避けたい方は、本編を楽しんだ後に読むことをおすすめします。

前回の記事でもお伝えしましたが、

タイでは5月から9月まで映画公開は、注目作品が目白押しです。
特にアニメ映画激アツ!!な時期となります。

タイで公開予定のアニメ映画

  • 5月25日公開  劇場版名探偵コナン「ハロウィンの花嫁」
  • 6月23日公開  呪術廻戦「0」
  • 8月25日公開  ONE PIECE FILM 「RED」
  • 9月29日公開  ドラゴンボールスーパー「スーパーヒーロー」

5月はコナン君をみて大興奮でした。日本でもとてつもない観客動員数を上げているようですね。

劇場版コナン映画は、年々大人が楽しむ映画に変わってきておりますね。

海外に住んでいると日本のアニメ映画を観るのは、とにかくおすすめです。

楽しめるだけでなく、英語の勉強にもなりますので積極的に観ておいて損はありません。

ここからは、呪術廻戦「0」についての記事となります。

これ以降はネタバレがありますので、 まだご覧になっていない方はまた観られた後に語り合いましょう!!

ネタバレ注意

呪術廻戦「0」レビュー

劇場版『呪術廻戦0』は、呪術廻戦で初の劇場版作品です。

普段はこのブログでは、ここまでかというぐらいONE PIECEのネタ話が多いですが、たまには別のアニメトークもしていきましょう。

呪術廻戦は、集英社ジャンプで連載されている人気漫画です。作者は芥見下々あくたみげげ先生。

NEXT鬼滅の刃と言われる期待の少年ジャンプ作品、待望の初映画化です。

今回映画を観たのは、エムクオーティエのIMAXシアター

IMAXシアターの特徴は、シートの座り心地がよく、画面が湾曲になっており非常に見やすいのでおすすめです。

IMAXで上映されることは人気映画の証でもあります。

IMAXでは2席で1,500バーツするラグジュアリーシートUltimateもあります。
カップルでのデートは、こういった特別シートで雰囲気を演出するのがおすすめです。

ここからは、ネタバレ必須です。ご注意ください。

====

この映画は、設定がすごく特殊です。

映画のモデルとなっている「0巻」は、本編の主人公虎杖が登場する一年前の世界が舞台となっているため、この映画のストーリーには主人公が出てきません。ほぼ一見さんお断りの設定ですが、劇場版呪術廻戦0は日本でもかなり売れた超人気作です。

私個人的には、呪術廻戦は全巻読んでおりましたが、「0巻」だけは読んだことがなく、

正直「0巻」は乙骨先輩の紹介のような内容だと思っていたので、全然期待しておりませんでしたが、

実際に映画を観たところ、

内容はめちゃくちゃ面白い!!

まさかここまで深い内容で、本編にも大きく絡むとはおもってもおりませんでした。

かなり特殊な設定の0巻ですが、本編をさらに深く楽しめる内容です。というか、呪術廻戦は0巻を読む前提で作られた本編という感じです。

私のようにライトユーザーは0巻は手を出していない方が多いと思いますが、原作に深みをつける内容ですので、本編を読んでいる人やアニメで楽しんでいる人は、今作は絶対に観るべき内容です。

映画全体の総評としては、映画の内容、構成、主題歌などすべてが最高で大満足でした!!

特に主題歌は、King Gnuの「一途」「逆夢」どちらも良すぎました。

かなりテンションが上がって呪術廻戦の話題で持ちきりでしたので、おそらくあと1~2回は観に行きたいと思っております。

====

映画は日本語で、タイ語・英語併記でしたので、英語の勉強中の方にも勉強になりますので学習としてもおすすめです。

おわりに

『呪術廻戦0』超絶おすすめです。

この映画をきっかけに呪術廻戦のコミックを買うもよし、アマゾンプライムやネットフリックスでアニメを観るもよし。

呪術廻戦の魅力が伝わる作品なので、呪術廻戦を見たことがない人にもにオススメです。

2シート以上を購入すれば、劇場版来場特典の0.5巻もゲットできました。

日本でしか手に入らないと思っていたので、めちゃくちゃラッキーでした。

数に限りがあるので、欲しい方はお早めにゲットしてください!

ほな、バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました