【クレジットカード】JCB THE CLASS(ザ・クラス)への道 「ゴールド・ザ・プレミアカード」取得編

クレカ

JCB系クレジットカードでは、完全招待制で最上難易度 THE CLASS取得までの道のりを歩んでいきます。
それまでの旅路をレポートしていく記事となります。
====

こんにちは、のらねこです。

これまでタイのクレジットカード関連記事は多数紹介してきましたが、
日本で利用しているクレジットカードについてもご紹介していきます。

完全招待制なので、クレヒスを高めなければいけないといった、かなり難易度が高いものではありますが、なぜこのカードを取得することにしたのか?

その理由に興味のある方は、こちらの記事から御覧ください。

こちらのJCBクレジットカード修行(THE CLASSまでの道)はいろいろと調べていくと、裏技なしで真っ当に最速で行くには以下の様なルートを通る必要があります。

JCB THE CLASSまでの道
  • ラベル
    JCB通常カード

    JCBゴールド(申込可)現在ココ

    JCBゴールド・ザ・ プレミア(招待制) 

    JCB THE CLAASS(招待制)

このようなルートが最短とのことです。

JCBプレミアへの招待条件は、
利用条件が2年連続で100万円(税込)以上の方
と条件が明確です。

JCBゴールド・ザ・プレミアカード

2018年にゴールドカードを手にしてから、毎年コツコツとクレヒスを積み上げていきました。
そして2年でついに、JCBゴールド・ザ・プレミアカード招待を受信しました!

ちなみに年会費はJCBゴールドの11,000円からプラス5,500円(初年度無料)上乗せで、
年会費16,500円となりますが、
年間100万円以上使用していると、実質こちらの年会費はかからず、11,000円で据え置き」という条件です。
申し込みするorしないの2択となりますが、
当然、「JCB THE CLAASSへの道」を目標に掲げており、
入会しない理由はなし、ということで早速応募しました。

カード 招待条件

JCBゴールド・ザ・プレミアの招待条件は、正式に明確化されています。
招待条件不明なカードも多々ありますので、基準化されているのは非常にフェアですね。

上記の通り年間100万円利用を2年連続で繰り返すと自動的に招待状が送られてくるようです。

もちろん、過去にクレヒスに傷をつけると、招待が来なかったり、時間かかったりはあるとのことです。

私の場合は幸いにもJCBクレジット童貞ということで、
一応最短の2年でここまで到達できました。

カード 到着

申し込みから1~2か月程度で、カードの現物が届きました。

カードが届くとさらにテンション上がりますね。

ちなみにゴールドからプレミアに変更の場合、カード番号の変更はありません。
これは非常に助かりますね。

カード特典

JCBゴールド・ザ・プレミアカードの特典をご紹介していきます。

前述の通り年間100万円以上使う方であれば、年会費上がるわけではないですが、
付帯する特典については、はるかにアップグレードしております。

プライオリティーパスの無料付与

プライオリティーパスとはプライオリティパスが運営する空港ラウンジで、カードと航空券を提示すれば、世界900ヶ所以上の空港ラウンジが利用できるカードです。これがあれば、アライアンスの上級会員でなくても、航空券エコノミークラスでも、LCC利用時でも、空港ラウンジが使える
飛行機移動属には、なにかと役に立つカードです。

出張・旅行などで特に海外に行く機会が多いのなら、これは持っておくべきです。

タイのクレジットカードではあまり無料付与はないので、大きなメリットとなります。

ちなみに、プライオリティーパスを単体で取得するには399ドル必要です。
1ドル=110円計算でも2万円オーバーしますので、これだけで元が取れます。

JCB ラウンジ京都の利用権

京都駅内にJCBラウンジがあり、こちらのラウンジが利用できます。
地元大阪に帰った際に、京都に行く機会は十分ありますので、
これは今後レポートしたいですね。

ダイニング30

全国の対象レストランで代金が30%OFFになる。
有名レストランが多めなので、機会があれば使ってみたいです。

JCBプレミアムステイプラン

JCBプラチナ、JCBザ・クラス、JCBゴールドザ・プレミアの会員のみの特権で、国内の高級宿泊施設に特別料金(30%~50%オフ)で泊まることができます。

サービス対象となるホテル

  • ホテルオークラ
  • ウェスティンホテル
  • JRタワー
  • ザ・キャピトルホテル
  • 帝国ホテル
  • ザ・リッツカールトン
  • ロイヤルパークホテル
  • 星のや軽井沢
  • 名古屋マリオットアソシアホテル
  • ANAクラウンプラザホテル

など、

主な特典は以上です。

おわりに

THE CLASS(ザ・クラス)取得をそれほど急いではいないこともあり、
今後もクレヒスをコツコツと積み上げながら、THE CLASS招待までの道中を楽しむ。

こういったスタンスは、崩さずやっていきます。

今年は、コロナウイルス関連で日本出張も減っているので日本のクレジットカードを使う機会が減ってしまっていますが、

「まだあわてるような時間じゃない」by 仙道 彰

引用元:スラムダンク 19巻より

ほな、バイバイ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました