お金を節約しながら読書をする方法【3選】

ビジネス

読書を習慣にしたいが、お金がかかる。
生活費だけでいっぱいいっぱいだよという方に、お金を節約しながら読書をする方法3選をお届けします。
====

こんにちは、のらねこです。

私自身のこれまでの人生で、読書をする習慣はほとんどありませんでした。
しかしながら、今ではビジネス書を中心に月5~10冊程度読むようになりました。

▼最近読んだ電子書籍

これまでは基本的にマンガ「ONE PIECE」しか読まない偏った感じの人生だったので、
ビジネス書は年間10冊程度読むぐらいでした。今では月に5~10冊ですからかなりの大きな変化といえるのではないでしょうか。

読書を始めて実感したことは、本を読むことはめちゃくちゃお得な投資です。

本題の前に読書メリットについて、見ていきます。
本題まで飛ばしたい方は、次のチャプター[お金を節約しながら読書をする方法]まで進んでください。

読書のメリット

読書メリットとしては、以下の3つを感じました。

  1. コスパが高い
  2. 知識が増え視野が広がり、行動できる
  3. ライバルとの差がつきやすい

コスパが高い

まずは、内容の充実度のわりには非常に安価というところです。

本の出版に至るまでに、
著者の経験した内容をかなり詰め込まないと、「出版されない」&「買われない」というところが大きいかなと思っています。

そうなってくると著者はこれまでの経験の蓄積を全力でアウトプットしていくわけですが、
人の一生の中で経験した思考が、たった1,000~2,000円で知ることができるわけです。

コスパが高いのは言うまでもないでしょう。
消費者側にとってはこんなに美味しいものはないですね。

知識が増え視野が広がり、行動できる

次に、

読書をすることで、知識が増えることで思考の選択肢が増えます。
➡その結果、見えてくるものが大きので行動できるようになります。

私の場合、
読書を通じて学んでいく中で、100年時代の長い人生の生き方について考えるようになりました。
そこから多様な生き方を知り、将来の選択肢を広げることこそが「自由」と思うようになりました。

自由を求める第一歩としての行動で「ブログ」を始めました。

そしてさらにどんどん思考を増やしたくなり、より積極的に読書をするようになりました。

ここ最近で一番影響を受けたのはリベ大両学長のお金の大学です。
この本にはかなり影響を受けましたし、なによりも行動することが習慣化されました。

ライバルとの差がつきやすい

最後に3つ目のメリットとして、ライバルと差がつきやすいということです。

統計によれば、日本人は読書にかける時間が非常に少ないそうです。
ある世論調査で「一か月に何冊の本を読むのか」という調査では、

日本人の読書数は

  • 読まない: 47.3%
  • 1~2冊: 37.6%
  • 3~4冊: 8.6%
  • 5~6冊: 3.2%
  • 7冊以上: 3.2%

参考:文化庁 国語に関する世論調査一覧(2019 年)

という、驚きの結果でした。

なんと月に1冊以上読んでいる人はわずか52.6%。

こういった結果からも、

月にたった5~6冊読めば上位10%に入ることができてしまうってばよ。
#なぜか忍者風

確かに量の問題ではないことはありますが、
「やらないよりはやるほうがいい」のは明らかです。
みんながやらないということができるということは、差がつくということです。
このように、ライバルがしていないことに手を出すと比較的簡単に効果が出ますので、やっておくとコスパは非常に高いです。

お金を節約しながら読書をする方法

それでは、ここからが本題です。

読書のメリットが多いといっても、お金はかかります。
毎日の自己投資コストが限られている方も多いと思います。

いずれにしても、少ないお金でコスパよく自己投資できるに越したことはないので、お金を節約しながら読書をする方法について、3選でお伝えしていきます。

▼お金を節約しながら読書をする方法

  1. 電子書籍を利用する
  2. アマゾンプライムを利用する
  3. アウトプットをする

以上の3点と私は考えております。

順番に確認していきましょう。

① 電子書籍(Kindle)を利用する

本を読むには、圧倒的に電子書籍リーダーがおすすめです。
(特にKindle)

その理由は3つあります。

  1. 本はかさばる
  2. 本は重い
  3. 本はリセールバリューが低い

かさばる

本は保管するのにかさばってきます。
要は、管理コストが高いということです。

紙の良さはありますが、電子書籍化すると保管スペースが必要なくなるので、住まいも狭くすることができます。

「身軽に行動できる様にミニマムにしていきましょう。」という考え方なので、電子書籍を推奨しております。

ちなみに、おすすめのタブレットはKindle Oasis ですね。
これなら、漫画もサクサク読めますので、ビジネス書と漫画を両方カバーしているハイブリットといった感じで利用できます。
Kindleシリーズを購入するベストタイミングは、アマゾンプライムデー一択!
2021年のアマゾンプライムデーは6月/21日(月)・22日(火)です。

アマゾンの主要なセール時期
 1月    :年始セール「初売りセール」
 6~7月 :最大セール「プライムデー」
 12月   :年末セール「サイバーマンデーセール」

質量が重い

本はシンプルに重たいです。
ランドセルで子供が腰痛になるという社会問題も記憶に新しいですが、非常に重いです。

カフェで読んだりする方も多いと思いますので、持ち運びが楽ということ重さがたったの161g~188gのKindleシリーズのような電子書籍を推奨しています。

リセールバリューが低い

本はリセールバリューが低いです。
1000円で買っても、きれいに読んでもBook Off で10円で買い取りとか、よくあります。

よほど綺麗に扱っていてもそういったことになりますので、リセールには向いておりません。
どうせ知識を身につけるために、書き込んだり・しるしをつけてガンガン使い切りましょう。
そういった場合はしるし書店での販売もおすすめですが、「しるし書店で高く売る」そういう運用をする方以外には、電子書籍で読んでいくというのがお得かなと思います。

電子書籍でもしおりを入れたりと読み返すことはできますので、これからの時代は確実に電子で読むということに慣れていくことがおすすめです。

また、電子書籍は紙より10%程度は本の価格が安いことが多いので、電子書籍リーダーの購入費用はすぐにペイできそうですね。

② アマゾンプライム会員読書/ Kindle Unlimited (読み放題)を利用する

次に、アマゾンプライム会員読書/ Kindle Unlimited (読み放題)を利用することです。

アマゾンプライム会員読書

上記の電子書籍と合わせてではありますが、アマゾンプライム会員になれば、毎月プライム会員の無料で書籍を読むことができます(レンタル)。

意外と「名作ぞろい」かつ「高い頻度で更新される」のこれだけでも月に10冊ぐらいは読みたい本が出てきます。

ちなみに今月はこれらをチョイスしました。毎月初月と月末にピックアップして読みます。
その月中にレンタルしておけば、月が替わってもその本を読むことができますので、月末は読みたい本を抑えておくのも一つのテクニックです。

▼アマゾンプライム登録リンクへこちらから飛べます。

アマゾンプライム

Kindle Unlimited (読み放題)

Kindle Unlimitedは月額980円のサブスクサービスです。
アマゾンプライム会員読書で物足りない場合は、プラスアルファ―でこちらを契約するのもおすすめです。

かなり書籍数が多いので、月額980円は余裕でペイできるボリューム感です。

③ アウトプットをする

最後に3つ目ですが、アウトプットをすることです。

のうさぎ
のうさぎ

のらねこー

アウトプットでお金が節約できるの?

と思われる方もいると思います。

のらねこ
のらねこ

もちのろんで可能です!

昭和のノリで、こう回答してしまいますね。

まず、

※前提:アウトプットはブログやYouTubeなど何でもいいので人に見られるものでやりましょう。
この読書アウトプット最大の目的は本の内容を定着させることです。

これだけでも相当意味がありますが、さらにそれらの投稿でアフィリエイトやアドセンスなどの広告収益化することで、PVを延ばしていくと、もしかしたら本の価格ぐらいは、広告収入で稼げるかもしれません。

そうなった場合は、「本を買って➡本の感想を発信➡本代を稼ぐ➡最初に戻る」みたいな、無限に本が買えるシステムを構築できるかもしれません。

こうなったらどんどん読書に力が入りますし、アウトプットによる定着も増えていきますし素敵ですね。

中田敦彦さんのYouTube大学とかはこんな感じで、どんどん蓄積されているのが見えますね。
凄すぎて、たとえとしてはイメージつけづらいでしょうか?笑

これが読書アウトプットをしていく副産物効果です。

おわりに

このようにしてみていくと、読書は控えめにいっても「良いことずくめ」です。

時間のない現代人の方が多いと思いますが、うまく時間を捻出しつつ、
読書をしていくことは。今後人生を豊かにする一つのヒントになるかもしれません。

読書は筋トレと同じで、一日で急激に効果が見えるものではありませんので、
私も気負わずに、緩やかに積み上げながら継続していきたいと思っております。

ほな、バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました