551の蓬莱について

551の蓬莱 グルメ

まいど、のらねこです。
(関西バージョン)

以前、二見の豚まんの記事を書いていたのですが、
なぜ551に蓬莱がないんだという要望にこたえて、551の蓬莱の記事を書かせていただきます。

タイでの生活に特化したブログですが、たまには地元愛を見せておかないとということで、本日は大阪をご紹介します。

大阪で代表的な豚まんといえば、551の蓬莱があるとき、ないときでお馴染みの、「551の豚まん」。関西圏でしか販売されておらず、お土産としても定番の商品です。

大阪人の中では、551の蓬莱と二見の豚まんどっちがうまいのかという「豚まん論争」は話題にことを欠きません。

わが家でも大阪人同士の夫婦なので、豚まん論争は年に数回バチバチ起きます。
ちなみに私は551の蓬莱派、妻が二見の豚まん派です。

結局はどちらも好きなので、今回甲乙をつける気は毛頭ございませんが、

今回は「551の蓬莱」についてお届けしていきます。

551の蓬莱

551の蓬莱とは
大阪市を中心に関西地区に展開している、中華料理の飲食店・販売店である。豚まんの持ち帰り販売が有名で、大阪名物の1つとなっている。
中華レストラン5店舗の他に、関西圏に50店舗以上のテイクアウト、イートインやお持ち帰りの販売店舗がある。各店で手包みによる作りたてのものを販売している。駅(新大阪駅、大阪駅)や空港(大阪国際空港、関西国際空港)にある店舗などでは、数時間の持ち運びが可能なチルド品も販売している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

「551がある時~、ない時~」のなるみ姐さんのCMでもお馴染みではないでしょうか。
#関西圏以外で流れているんでしょうか?

551の豚まん

551の豚まんの特長は、皮が厚く、弾力もあり、肉肉しく 玉ねぎの食感も感じるがゲップしたとき強烈に匂ってくるという。

テイクアウトしてお土産にすると、電車の中でも周囲に気づかれる程の香りを漂わせているというか、見せつけるというのが大阪人の美学とも言えます。
大阪人からしてみたら、「NO 551 NO LIFE」といえる大阪のシグネチャ―商品です。

食べ方

好きな食べ方をご紹介します。

▼出来立てホヤホヤの場合

からしのみが主流です。
この出来立てが一番うまいので、これが食べられる方はこの食べ方がおすすめです。

▼チルドした場合

あつあつに温めてから、ウスターソース+からし。これが最強です。
ウスターソースがないという家庭の場合は、しょうゆ+からし、ポン酢+からし
このパターンもありです。

※からしが必要な方は、お店にリクエストすれば無料でいただけます。

豚まん以外の商品

個人的には、551といえば豚まん一択なところはありますが、それ以外にも魅力的な商品があります。
焼売やアイスキャンディーなんかも人気がありますね。

人気の甘酢団子

シーズンもののちまき

こういったハズレがないラインナップも551の魅力の一つです。

お店情報

今回訪れた店舗

551蓬莱 東大阪近鉄店

■住所:日本、〒577-0056 大阪府東大阪市長堂1丁目1−1
■電話番号:+81-667-84-0551
■営業時間:10:00〜20:00
■ホームページ:https://www.551horai.co.jp/
地図(Google Map)

おわりに

大阪の味=551の豚まんといえるぐらいの圧倒的なブランド力。

強力なライバル店「二見の豚まん」とともに大阪の柱として切磋琢磨しながら、これからもどんどん成長していってほしいです。

記事を書いていると無性に食べたくなりホームシックです。

日本にいれば、ギフトセットが注文できるのでいいですね。

ほな、バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました