30代になって考える、20代にこれだけはやるべき行動

ビジネス

こんにちは、のらねこです。

自己啓発本などで、「20代でやっておくべきこと」みたいな年代別のシリーズみたいなものをご存知でしょうか??

私は、正直あの手の本があまり好きではないんです。

もちろん正論で王道の自己啓発ではあるんですけど、20代って枠組みで「誰にでも当てはまるわけではないやろ」、「範囲広すぎやろ」とか思ってましたね。

そんなひねくれた感じの20代を過ごしてきましたが、
そういった本を読んで学んでいたら、
もう少しまともに成長していたのかな、なんて思ったりします。(笑)

「人生は巡り合わせ」なので、後悔はしておりませんが。

そんな若者でしたが、
20代でこれだけはやってよかったなと思うことが一つだけあります。

本日はそれを紹介していきます。

20代でやっておいてよかったこと

人生が100年になろうとも、20代は非常に大切な期間です。

多くの方が社会人のスタート段階であり、
ここの経験で人生の後半に大きく影響を与えるからです。

大卒だと22,3歳とか、院卒だと24歳とかで社会人スタートさせる方が多いと思います。

そこから20代の6~8年という期間で絶対にやるべきことは、たった一つ

それは「1,000万円貯めること」です。

これを言うと反論されるのも知っています。

「若いうちは、自分に投資したほうがいい」「お金を貯めていても人間としての深みがない」という意見があるは、想定の範囲内です。

自己投資をするのは、もちろん大切です。
それを100%将来に還元できると自信がある方はそれでもいいと思っています。

しかし、若いうちは「自己投資」と「無駄使い(浪費)」の見分けがつきづらいので、
有効な投資ができる人は、非常に稀と思っており、

大半の場合は、浪費になると思っています。

一方で「1,000万円貯めること」はメリットが圧倒的に多いです。

理由は簡単で、1,000万円あるとそれなりの投資の効果が見込めるからです。

例えば、世間的にもローリスクといわれるインデックス投資で20年以上の投資成績と考慮して、
だいたい4~8%の投資利回りの確率が高いということを歴史上証明されています。

20代で確保した1,000万円でインデックス投資しておけば、投資収益が40~80万円ぐらい見込めるということができます。

30代は社会人の中でも、結婚式・飲み会・旅行・子育てなど、出費が増えて何かとお金がかかるフェーズなので、投資収益がないとお金が貯め辛いともいえます。

なので、30代までに資産形成をして、給料+年間数十万円ぐらいの浮いた予算(投資収益)ができあがりますので、30代になっても貯金するペースを崩さず進めることができます。

またこういった資金は、
・資格を取ったり
・趣味に使う
・家族のために使う
・転職・起業
など、お金に余裕があると「選択の自由」を格段に広げます。

このように、20代で1,000万円以上あると「選択」という意味で人生の難易度が低くなります。

私のような凡人にとって、このような余裕がもてるというスタンスは非常に大切です。

20代で1,000万円を貯めるには

それでは、どうすれば20代で1,000万円貯めることができるのか??

誰でもできるであろう具体的な方法をご説明していきます。

20代で1,000万円貯めるためには、
新卒の22歳スタートでも、8年間で1,000万円貯める必要があります。

1年でわると125万円貯める必要があります。

一般的な年収では、年間100万円以上貯めるのはしんどい方も多いのではないでしょうか。
結構ハードル高いよなと思いますよね。

私は、海外赴任というパワープレーで貯めることができましたが、それはレアケース。

平均的な収入でどう実現していくかというと、
結論としては、「貯める」「投資」「副業」の3つですね。

貯める力

まずは、無駄を省き「貯める」ことです。

無駄な飲み会を減らす+狭い部屋に住む+格安SIMを使うといった
誰でもできる節約術をつかえば一か月数万円は貯めることができます。

節約術の詳しくは、リベ大のお金の大学の「貯める力」の章で学んでいきましょう。

投資

そして、余った資金でコツコツ投資していきましょう。

投資は
・つみたてNISA(最大40万円)
・iDeCoや確定拠出年金(年間20万円程度)

を使って、インデックス投資をコツコツしていけば、それだけでも年間最大80万円程度貯められます。

長期で保管しておけば負ける確率は低いものなので、銀行預金(年利0.001%)より選択肢としてはよいのではないでしょうか。
(※個人的な見解ですが、銀行がつぶれる可能性よりインデックスの長期投資で負ける可能性は低いと思います)

日本人はやりたがらない投資ですが、
しっかり勉強して納得感をもって投資をする。
そして投資から生まれる「利率」と「福利の力」も使いながら、

お金を貯めていけると、非常に効果的です。

副業

投資といっても月に1万円以上捻出するのが、難しい方も多いと思います。

そんな時は個人的におすすめなのは、副業です。

副業といってもサラリーマンの副業やアルバイトなどは、
源泉徴収で会社にばれてしまいますので、NGの会社も多いと思います。

ここで指すものは、(せどりやブログアフィリエイトやYouTuberなど)フリーランス的な副業です。

こういった副業で、まずは月1万円以上(年20万円)を目指しましょう。

年20万円を超えると確定申告など、
色々必要な処理も出てくるので、学びも一気に増えていきます。

そこまでいくと余剰資金をさらに投資に回せるようになります。

さらにフリーランス的な副業でストックビジネスを成長させておくと収益構造は、
今後の資産価値にもなります。
ストックビジネスは時間のある20代で育てておけると、くいっぱぐれる可能性がぐんと減ります。

以上、 「貯める」「投資」「副業」の 3点を総合的に伸ばしておけると、
20代で1,000万円を貯めることはあながち不可能ではありません。

おわりに

20代を思い返してみると、これだけは最高だったなという行動でした。

お金は「電力」とかに例えられることが多いのですが、

20代のうちに「電気を作る」ためのインフラを整備しておいて、
30代でそれを使いながらいろいろな行動に活かしていく。

という感じでとらえております。

まだまだ自分の人生は、ニビシティといったところですが、
(なんでポケモン?)
これからも、チャンピオンロードへの旅は続いていきます。

ほな、バイバイ!


コメント

タイトルとURLをコピーしました