サラリーマンが自ら変わるための行動【ベスト3】

ビジネス

こんにちは、のらねこです。

人生100年時代。セカンドキャリアやサードキャリアが当たり前の時代が訪れますが、

どんな時代が来ても対応できる人間でありたいと思いますが、
混沌とする来たるべき日に向けて、皆さんは準備されておりますでしょうか?

私も一時は起業を目指しましたが、現在はサラリーマンをしております。

サラリーマンをしているとどうしても守り思考というか、漫然と日々を過ごしがちになってしまうので、サラリーマンが自ら変わるための行動【ベスト3】をご紹介します。

私自身が実際にやった実体験ベースでの話となります。

1位 海外転勤

ダントツでコスパのいい行動は「海外転勤」です

いきなりハードル高いと思われるかもしれませんが、会社によってはそれほど高いものではありません。

私が、海外に異動したの新入社員の10月です。

最初の配属前の面談で「海外に行きたい」と言っていましたが、特段英語能力が優れているわけでもなく、新入社員でいきなり海外に行けるわけはないだろうと思っていました。

そして、社長に直接メールして「海外で働きたい」と伝えました。

そうすると、社長からの何かしらの声があったのかは不明ですが、本配属で即シンガポール行きのチケットを手にしました。

若気の至りというか、今のポジションでそれをやると多分干されるだけですが、新入社員というフィルターバリアがあったので出来たことですが、
どの会社でも異動の希望を出す機会はあると思いますので、積極的に出すこと自体は自由にできるのではないでしょうか。

他社のお話も聞くことが多いのですが、
海外勤務は日本人駐在員が余っているということはほとんどなく、どの会社も人が少ないぐらいの所帯でやられている分、任される範囲が非常に大きいので成長できる幅が大きいです。

意欲的に働きたい若い方には、非常におすすめです。
逆に、給料が現地スタッフより高い分戦力としては求められるので、働かないオジサンはごく潰し的な扱いをされるのでおすすめしません。

また、海外赴任の場合は、海外手当など日本より給与が上がることもあります。

ある程度自己資金として仕えるお金を貯めておくと今後の身の振り方の選択肢が広がりますので、ある意味お金は人生の選択をする「自由」への切符となります。

そういった意味でも、海外勤務に挑戦することは一石二鳥です。

2位 資産投資

つぎに、オススメしたいのは資産投資です。

日本人は、ほとんど投資をしません。

正確にいえば、投資はしているがポートフォリオのほとんどが預金。
最大の理由は、お金の勉強をしていないからです。

よく言われることではありますが、銀行に預けても金利は普通預金で0.001%、定期預金で0.1~0.2%。ほとんど、ATMの引き降ろし1回で消えてしまう額です。

たったこれだけしかたまらないのに、日本人は預金を選びます。

これは、「悪手だろ、蟻んこ」のネテロ会長案件です。

私自身も、「投資はコワイ」というタイプなのですが、実は増えないこともリスクなのです。

投資にはボラティリティがあり、利益幅=リスク度の高さとなってきますので、

めちゃくちゃ増やすような投機商品は手を出さずに、比較的リスクが低いものにつみたてNISAや確定拠出年金で年利5%程度をめざしながら進めています。

たとえ、年利5%でも銀行預金との差は一目瞭然です。

お金の勉強するのは、自身の生活に直結することなので是非少額でも動いていくことをおすすめします。

お金の勉強の導入でおすすめの書籍は以下の2冊。

一冊だけ読んでも偏った考えかもしれませんので、同ジャンルの本は複数冊読むクセを持ちましょう。

▼前ページカラーでやさしいので非常に読みやすい

▼マンガで説明されておりわかりやすい

3位 自己学習

3つ目は自己学習です。

自己投資は最大の投資と言われますが、まさにそうです。

自己啓発セミナーなどでは「自己投資にマン振りだー」と言われる方も多いですが、

個人的には、自己投資と資産投資をバランスよくやっていく必要はあると思います。

みながみな同じリスクを取れるわけではないので、攻守のバランスを大切にしています。

要は死に負けしないように、生きてるだけで丸儲けという感じの戦い方です。

そのために自己投資として自己学習をするのですが、

今時オンライン学習が増えており、バカ高い語学学校に行かないと英語が学べないとかそんなこともなく、なんなら無料のYouTubeも増えております。

昔は自己学習で勉強しなくても差がつかなかったんですが、今では違います。

なぜなら、
昔は高いので手が出るハードルが低く勉強ができる環境にある人が限られていたのですが、
手軽にできる時代ですから、やる人はやるので差がつきやすいということです。

なので自己学習は非常に重要なウエイトを占めることになります。

自身の収入に合わせて10%程度は自己学習に回せるようにできるといいですね。

月2000円ぐらいあれば、オンラインサロンやメルマガ1個とKindle Unlimitedぐらいには加入できたりします。

もちろん、無料のVoicyとかYouTubeでもクオリティの高いコンテンツがあるのでそういった学習もありですが、お金を払った学習は少なくとも1つか2つはあったほうが吸収度が格段に上がっていきます。

おわりに

サラリーマンが自ら変わるための行動第一歩【3選】をご紹介しました。

実際にこの3点をやってみたことで、格段に成長できた部分が大きかったです。

仕事での伸び悩みや物足りなさのモヤモヤで悩んでいるサラリーマンの方がいれば、是非試してほしいなと思います。

活き活きとしている方のほうが魅力的に見えますので、頑張っていきましょう!

ほな、バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました