【海外駐在で気をつけること】体重コントロールをする

ビジネス

こんにちは、のらねこです。

タイ赴任あるあるとして、タイに駐在すると激太りしてしまうというものがあります。

▼主な原因

  • 食事がおいしい
  • 食事がどうしても脂っこい、塩分が多い
  • 食生活が偏る
  • 酒を飲む機会が多い
  • 車通勤(あまり歩かない)

タイ赴任数年で十何キロ増などの笑い話をよく聞きます。

笑い話としてはいいのですが、体重の過度な増減は身体には決してよくありません。

健康面が整っていないと、ビジネスもうまくいきません。
健康維持はビジネスマンには不可欠です。

健康維持のために、しっかりと体重コントロールを行っていきましょう。
※もちろん体重はあくまで数値的なものですが。

私もタイに赴任当初は、営業職だったので接待が多く異常なペースでお酒を飲んでいました。

今ではコロナ禍もあり接待が激減し、積極的な肉体改造を進めています。
高校以来の体重60kg台に突入しました。

個人差はあると思いますが、体重コントロールで効果があったことを順番に書いていきます。

[16時間断食] 期

私のダイエットの原点です。

著書『「空腹」こそ最強のクスリ』を読んで、美容目的で16時間ダイエットを開始しました。

著書によれば、そもそも近代人が1日3食食べるのは多すぎるらしいで、本来は3食も食べる必要がないとのこと。

16時間の空腹期間をつくりオートファジーによって、体の老廃物を取り除き細胞を再生させることでアンチエイジングの効果を期待して始めました。

夜を20:00までに食べ終え、翌日12:00まで空腹をつくるというシンプルな感じでやってました。

当時73kgぐらいありましたが、数週間で70kgまでいきー3kgの効果がでました。

[一日1.5食期間] 期

ダイエットに成功すると、すこしづつストイックになっています。

16時間断食かつ、昼食もある程度軽食で済ませるというダイエットに変化していきました。

ちなみに一日の昼食は、ヨーグルトと塩分なしのナッツ類を少々といった感じです。
たまに食物繊維を意識して摂るためリンゴやバナナなど果物を混ぜていきます。

この辺で激やせして、66Kg台に突入しました。

しかし、体重は落ちてきましたが、筋肉まで落ちており体脂肪率があまり減らないという問題が発生。

[筋トレ] 期

いくら体重が落ちても、食事を減らすダイエットは筋肉も落ちていくので、
最終的にはリバウンドするだろうということがわかりました。

それから、プロテインを摂取しながら筋トレを進めていきました。

摂取しているプロテイン

  • OPTINUM NURTORITION(ON)
  • WHEY Protein(ストロベリー味)とAMINO ENEGY(レモンライム味)

この二つを混ぜて飲むと非常に飲みやすくておすすめです。

普通にタイでも購入可能で、ラザダーで買うと若干割引されます。

筋トレメニュー

筋トレは、今のところはあまり筋肉を膨らましたくないので自重がメインです。

  • 腕立て伏せ:150回
  • スクワット:150回
  • プランク :3分×3セット

あとは適度に自宅で、スイムトレーニング(1キロ程度)をしています。

自宅のコンドミニアムにあるプールが50Mプールなのでめちゃくちゃハード。

おわりに

最近はこのように、体脂肪率を減らしつつも筋肉をつけるような感じです。現在は66~68Kgを推移しているような状態です。

ビジネスパーソンは健康第一ですので、日々の体重管理は重要ですね。

タイに住まれている方でしたら多くの住まいにジムもありますので、環境としては恵まれています。仕事のパフォーマンスを落とさないようにしっかり頑張りましょう!

ほな、バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました