【タイのゴルフ場】Panya Indra Golf Club (パンヤインドラ) ゴルフ場情報

バンコク地区

こんにちは、のらねこです。

ワクチンの普及が広がりつつあり、少しコロナ禍から回復してきまして、いよいよゴルフが解禁されましたね。
かなりブランクもあったので、まずは練習からスタートしたいところですが、有難くお誘いを受けた結果早速コースに行くことになりました。
まだまだスイングがまとまらずボロボロの状態ではありましたが、久しぶりに開放感のある中で運動が出来たので少しストレス発散にはなったかなと思っております。

やっぱり運動できるというのはいいものですね。

本日はタイのゴルフ場「Panya Indra Golf Club (パンヤインドラ)」の記事です。

Panya Indra Golf Club

Panya Indra Golf Clubは、1991年にオープンした27ホールのゴルフ場です。
バンコク市内にありながらも広大な敷地を持っており、名門コースとして評判のコースです。
接待ゴルフにも利用できるような、ハイレベルなレベルのゴルフ場です。

ゴルフ場の特長

コースの特徴としては、池越えもありさらには左右両方にもOBが絡んでくるため、
タイのゴルフ場のなかでも難易度は非常に高いということができます。

各ホール非常にバラエティに富んでおり、戦略的にプレーかつ景色的にも飽きずにプレー出来きます。

フェアウェイは起伏もありアンジュレーションに富んだコースです。ラフも深いので落し所がスコアメイクに響いてくる戦略性の高いレイアウトです。

グリーンは非常に早く難しく、タイの中でも難易度高となります。

しっかりコースメンテナンスされており、コース状態はすばらしいレベルです。

ナイター設備も整備されています。

ゴルフ場料金

ゲストプレー費(平日)
●プレー費  :3,000バーツ
●キャディ費 :400バーツ
●カート費  :1,000バーツ
ゲストプレー費(休日)
●プレー費  :4,500バーツ
●キャディ費 :400バーツ
●カート費  :1,000バーツ

バンコクからも非常に近く、高級コースなためプレー費は高いですが、
価格に見合う、ホスピタリティと立派な施設のゴルフ場となります。

コース写真

コースはコンディションがよく整備されています。

ナイター用の照明もあったので、ナイター利用が可能です。

スコアカード

コースはレギュラーの白ティからでも6,600ヤード以上あり、
バンコク市内では距離が短いコースが多い中、このコースでは飛距離が必要です。

距離は必要ながらOBや池がたくさん絡んでいるため、ドライビングコントロールも必要で白ティでも十分に難しいゴルフ場です。

ABCの27ホールあり、
たくさんのパターンで楽しめるため、何度行っても楽しめるゴルフ場となっております。

クラブハウス

クラブハウスは高級感があり問題なく利用可能です。

ロッカー

シャワーの水圧も問題なく練習コースとしては十分に利用できます。

プロショップ

ショップにはオリジナルグッズもあり記念に購入していく方も多いです。

練習場

「パットイズマネー」といわれるぐらいパターは大切なので、プレー前にも必ず練習できると上達できます。

ドライビングレンジは、池に向かって打てるので爽快な練習が可能です。
練習球は池に向かって打つためか、フローティング系のボールとなります。

ゴルフ場 基本情報

Panya Indra Golf Club(パンヤインドラ)
■コース:全27ホール
■ナイター施設:あり
■練習場:パターエリアあり、チッピングあり、ドライビングレンジあり
■電話:06‐2821‐3333
■URL:http://www.panyagolf.com/
■住所:9 Panya Indra Rd, Khan Na Yao, Bangkok 10230
タイ語住所:9 ถนน ปัญญาอินทรา แขวง คันนายาว เขตคันนายาว กรุงเทพมหานคร 10230
■所要時間:バンコク市内より 車で約40分程度
地図(Google Map)

おわりに

ここはキャディもしっかりホスピタリティを持っているので、タイ人にも人気です。

余談ではありますが、オプションでキャディを二人以上つけたりして楽しまれている富裕層もいます。
6人打ちも可能なため、グリーン上に6人×キャディ12人の絵は圧巻でした。(笑)

とはいってもコース自体は本格派なので、ゴルフを楽しみたい場合も非常に面白いゴルフ場です。

ほな、バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました