ONE PIECE 第1019話感想【ネタバレ注意】

ONE PIECE

こんにちは、のらねこです。

ONE PIECEのジャンプ最新話考察・感想について、
以前のブログでは、毎週感想を書いておりましたが、ブログの移設をきっかけにやめておりました。

理由としては、ワードプレスのブログでは収益化を視野に入れていたこともあり、ONE PIECEのコンテンツでは稼ぐというのは、私の中では侮辱する行為と思っていたので、そうしておりました。

しかし、興味を持っているというお声をいただいたこともありましたので、広告を外した状態で続けていこうかと思います。

著作権など触れる恐れがありますので、基本的に画像などは出さず個人的な見解をベースに書いておりますことをご了承ください。

それではONE PIECE 第1019話感想をお届けします。

↓これ以降は、ネタバレにお控えなすって、ということでよろしくお願いいたします。↓

ONE PIECE 第1019話「ヘリケラトプス」感想

1019話いかがでしたでしょうか。
今回は、ONE PIECEが巻頭カラー
そして。そして、ONE PIECEの日が7月22日ということもあり今週号はONE PIECE情報盛りだくさんとなっていますので、お見逃しなく。

本編以外の情報は、また改めて記事としていきます。

ヘリケラトプス

タイトル「ヘリケラトプス」と聞いて、思い浮かぶのはトリケラトプス。

今週号のメインは、フランキーvsササキの重量級幹部対決

お互い消耗しあっている中で、決定打を出せていない状況でしたがササキが人獣モード。
絡繰螺旋刀という刀を使っています。
ホールデムの絡繰刀もそうですが、クイーンが作成した武器かもしれませんね。

そして、トリケラトプスのヒレの部分(何て言うかわからん名前)がぐるぐる回って空を飛ぶヘリケラトプス。
ササキはなんか回転系が多いですね。
#意外です

回転を活かした高速技でフランキーを追い込むも、決着はレーザー「フランキーラディカルビーム」
超強力一撃で決着。

ヤマトの能力

ついに出てきたヤマトの能力姿。

ミンク族みたいな姿ですが、どうゆう名前なのかめちゃくちゃ気になりますねー。

いまわかっていることをまとめると、

  • ゾオン系
  • カイドウが苦労して入手した悪魔の実の能力
  • 鳴き声 ガルルまたはグルル

こんな感じですかね。
ゾオン系で希少なのは幻獣種や古代種ですが、そういった可能性もありそうな見た目です。

個人的な予想は、ゾオン系ヒトヒトの実モデルスーロンです。

あまり考察するのは好きじゃなく、事実を追っかけていきたいタイプなので次回以降を楽しみにしたいと思います。
現状唯一カイドウとやりあえる存在というのは、めちゃくちゃ強いことは確かですね。

最後この一ページの衝撃に全部持っていかれました。

おわりに

いやー、今週号ジャンプのONE PIECE 第1019話「ヘリケラトプス」、
見ごたえありました。
やはり気になるのはヤマトの能力ですね。果たして次回明らかになっていくのか??

前回ゴムゴムの実にスポットが当たりましたが、
気になる悪魔の実を、海賊や政府はどうやって抑えているのかという入手経路なんかも気になります。

悪魔の実図鑑が欲しいです、出たら速攻で買ってしましますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました