ONE PIECE 第1029話感想【ネタバレ注意】

ONE PIECE

こんにちは、のらねこです。

本記事はONE PIECEのジャンプ最新話考察・感想についての記事となります。

みなさま、昨日はナレッジキングお疲れ様でした。

ナレッジキング対策でがんばってきた時間もとりあえず一区切りですね。
結果は、また速報記事で投稿したいと思います。

ナレッジキングでの興奮冷めあがらぬ中ではありますが、

それでは第1029話の内容に進んでいきます。

これ以降は、ネタバレにお控(ひけ)えなすって

ONE PIECE 第1029話 塔(タワー)

いやーみなさま今週のONE PIECEはもう読まれましたでしょうか?

すごく、まとまりのある最高の一話ではなかったでしょうか!?

タイトル 「塔」 タイトルを聞いて何か想像出来る感じではありませんでしたが、
すごい内容でしたね。

早速、楽しんでみていきましょう。

今回気になった点は、

  1. サンジの異変
  2. キッドの異変
  3. キラー VS ホーキンス

この3点をピックアップしていきます。順番にみていきます!

サンジの異変

まずはサンジの異変です。

前話から引き続き、

刀を首で折り、自分の身体の異変を感じるサンジですが、なぜ急にヴィンスモークの血が発動しているのかを探っています。

銃撃も全く効いていない様子で、どうなるのか!?というところです。

サンジの優しい心は、残ってほしい・・・。

キッドの異変

城内2階では、キッドにも異変がでています。

原因はホーキンスに握られている身代わりにあるようです。

その状態で、ビッグ・マムに対抗するのはほぼ無理ゲーですね。ホーキンスの能力の発動条件はわかりませんがかなりチートです。

キラー VS ホーキンス

城内3階では、キラー VS ホーキンスが続いております。

キラーを盾にして攻撃させないホーキンスの戦いは卑怯そのものですが、海賊の世界には卑怯という言葉はなく「勝つか負けるか」で仕方がない。

手出しできない状態でホーキンスとどうやって戦うのかと思っていましたが、

キラーが動き出します。

キッドが、ホーキンスの左腕を切断。
なんとホーキンスが負傷。キッドにはもともと左腕がないので行き場のないダメージがホーキンスに還りました。
#なるほどな!

そして、ホーキンスの左腕から藁人形を抜き取りました。そしてこれが最後の身代わりの様。

ホーキンスは最後の攻撃として、ストローマンズカード「死神」正位置
「消滅のカード」で攻撃。

これをキラーの斬首爪(クロー)で 藁人形 を攻撃していきます。

藁人形は以前、ゾロが二斬り登楼砂紋で攻撃していたことがあるので、ホーキンス自体にダメージはいきませんが攻撃できることは証明ずみでした。

そして次のカード、「塔」(正位置)

キラーが刃音撃(ジンソニック)でホーキンスを撃破!!!

ストローマンズカード「塔」の意味
・古きものの崩壊
そして、隠れた意味
新しい道

そして相棒(キッド)に新しい道を託していくキラーの姿!

これは最高のコンビですね!

キラーは仮面で表情が見えないところが、また想像させてもらえるシーンです。

おわりに

今週号ジャンプのONE PIECE 第1029話 「塔」

すごい内容でした!最初から最後まで、しっかりとまとまりがあってスッキリしました!

来週はキッドの反撃か!?めちゃくちゃ楽しみです。

====

いったんナレッジキングは終了しましたので、また月曜日は純粋にジャンプを楽しめる日が戻ってきました。

純粋にONE PIECEを楽しんでいきたいと思います。

ほな、バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました