【タイ企業研究】TCCグループ 怒涛の勢いで急成長

ビジネス

こんにちは、のらねこです。

タイでビジネスをする際に、
現地の巨大グループを形成する財閥企業の存在を忘れるわけにはいきません。
タイではそれほどまでに影響力を持った現地企業が多く存在します。

私自身もタイでビジネスをしていくうえで、
タイ企業について少しずつ勉強している最中ですが、知識定着のためアウトプットしながら、
アップデートしていきたいと思っております。

タイに赴任当初の頃は、マーケティング先は日系企業しか見ておらず、タイの会社を知ることもありませんでしたが、少しづつ勉強しながら覚えていきました。

ちなみに、私の場合はこの本「ASEAN企業地図」を愛読して学習しています。
イラストも多く非常にわかりやすくまとまっていますのでおすすめです。

タイの財閥企業とは

日本でも戦前は財閥企業(三井財閥、三菱財閥、住友財閥、安田財閥)が事業グループを持っており寡占状態となっていました。
しかし、財閥があると自由競争が生まれないため、財閥は戦後GHQによって解体されてしまいました。

一方でタイでは現在でも財閥企業が多くが存在感を示しております。
つまり、もともとから自由競争が生れにくいという特質を持った国といえるでしょう。

またこれらの財閥企業はネットワークやサプライチェーンの独占だけでなく、ASEAN諸国とも密接につながっております。

グローバル・ウェルス・レポート(Global Wealth Report)2018年によれば、タイ人富裕層の上位1%が、国の総資産の3分の2を保有しているということです。
ここから見て取れることは、タイはかなりの格差社会であるということです。

このような格差社会では、裕福ではない側の人たちにとって「不条理」と感じている方も多いですはずです。

タイでビジネスをするなら、タイの財閥企業について深く知っておくことは、ある種「教養」とも言えますので、どんどん情報をアップデートしながら勉強していきたいと思います。

本日は第2弾として「TCCグループ」について、お届けしていきたいと思います。

TCCグループ

引用元:TCC Group 公式ウェブサイト
http://www.tcc.co.th/index.php

TCCグループは1960年に設立されました。創業者のチャロン・シリワダナパクディ氏の名前からTCC(Thai Charoen Corporation)となっています。他のタイの財閥の多くが1800年代~1900年代初頭に設立されていることが多いため、TCCは歴史の浅い新興財閥ということができます。

TCCグループは飲料・食品、不動産、小売りの3事業を柱として展開しています。

最初はウイスキー醸造事業からスタートし、1991年にはタイビバレッジを設立しデンマークのカールスバーグ(Carlsberg)と提携しビール製造事業を開始しました。今ではタイで圧倒的なシェアを誇るチャンビールは、ウイスキーとのセット販売で戦略で、ビール事業参入から5年でシンハービールを追い抜いています。

2000年代には、不動産事業を拡大しオフィス・住宅・商業施設。ホテルなどあらゆる業態の開発を行っています。最近では、タイ最大級の開発といわれる「ONE BANGKOK」もTCC目下の不動産会社が行っています。

TCCが行う多角化ビジネス

  • 飲料事業  : タイ・ビバレッジ 
  • 飲料製造  : フレイザー&ニーブ(F&N)、SERMSUK(スームスック)
  • 外食事業  : OISHIグループ
  • 不動産事業 : TCCアセット、TCCランド、FRASERS(フレーザーズ)、AWC(アセット・ワールド・コープ)ーIHGホテルなど
  • 包装容器/生活用品: バーリ・ユッカ―(BJC)
  • 小売り   : ビッグC、エカマイゲートウェイ、アジアティーク、METRO(ベトナム)、B’s マート(ベトナムファミリーマート)
  • 金融 生損保: サウスイースト・インシュランス
  • プランテーション:Plantheon(プランテオン)
  • 情報通信  : TCCテクノロジー

TCCグループ 強み

TCCグループの強みは、経済界だけでなく政界や王室関係にも強い人脈を持っているというところです。もともと国営のウイスキー醸造所に原料を下す仕事をしていたため、コネクションの強みを活かして事業を発展させてきました。特に不動産事業ではタイの国土の1%を保有するとまで言われています。

柱となっているグループの中核事業は3つ。

①飲料・食品:アルコール類、清涼飲料水

②不動産  :一般販売、工業施設、商業施設

③小売り  :ビッグC、周辺国への展開

①飲料・食品

飲料・食品では、主力はチャンビールを扱うタイビバレッジです。
タイビバレッジでは、チャンビールのほかにもタイを代表するウイスキーを扱っており、お馴染みです。

ビールでは、チャンビールやアーチャービールが有名です。
東南アジアでも幅広く販売されております。

メコン、ホントン、ブレンドあたりは、コンビニでも販売されております。
ハイボールにすると非常に飲みやすく、よく飲んでおりました。

その他では、

2013年にシンガポール最大の飲料メーカーであるF&N(フレイザー・アンド・ニーヴ)の経営権を取得して世間を驚かせました。※100プラスなどを扱う東南アジアでは有名な飲料メーカー

引用元:Thai Thai Beverage公式ウェブサイト
http://www.thaibev.com/en08/home.aspx

ベトナムでは、サイゴンビールや333など買収を通じて、幅広くを事業展開しております。

②不動産

不動産業では、非常に多くの案件を手掛けております。

一般住宅でも幅広く販売しております。

引用元:Fraser 公式ウェブサイト
https://home.frasersproperty.co.th/th/home

工業では、TICON Industrial Connection PCL (タイコン)を中心とした、居抜きの貸し工場を展開しております。日系企業も居抜きで入られている会社をよく目にします。

商業施設は、この中では一番展開が大きく、事務所からホテルまで幅広く開発をしております。
ホテルは不動産事業持ち株会社AWCは、保有するホテル客室総数は、現在約9,000 室程度となっています。
事務所ビルは、Samyan MitrtownやFYI CenterやPark Ventures Ecoplexなど大型の事務所商業ビルを開発しております。

ONE BANGKOK
引用元:ONE BANGKOK 公式ウェブサイト
https://onebangkok.com/#info-lightbox

不動産事業で、注目の開発は、
TCC LandとFRASERS(フレーザーズ)で共同開発うぃ進めている、
バンコク地区最大の再開発「ONE BANGKOK」です。
本事業は、バンコクの中心部ルンピニ公園に隣接する、タイ王国最大規模(約16.7ha )の民間再開発
エリアでオフィス 5 棟、ホテル 5 棟、住居 3 棟、商業施設、芸術文化施設等で構成された計 16 棟を建設中です。
タイでは業界注目の案件(目玉プロジェクト)なので、この辺りは別途記事にしていきたいと思います。

③小売り

小売りはタイ最大のショッピングセンター「BIG C」で展開しております。
タイ全国に展開しており、大規模なスーパーマーケットを153店舗 、63 Big C マーケットを63店舗、, Mini Big C(コンビニ規模) 1016店舗展開しております。
最近ではBIG CオンラインというEコマースでの販売にも注力しております。

タイ最大の富裕一族

 米経済誌フォーブスが発表した2019 年版の世界長者番付では、タイ勢としてはTCCグループのファミリー創業者のチャロン・シリワダナパクディ氏がランクイン。
タイ全体でも4位のファミリーにランクインしているシリワダナパクディ家。新興財閥としては急成長を続けています。

引用元:TCC Group 公式ウェブサイト
http://www.tcc.co.th/index.php

TCCボードメンバー一覧

  1. Mr. Charoen Sirivadhanabhakdi
  2. Khunying Wanna Sirivadhanabhakdi
  3. Mr. Chotiphat Bijananda
  4. Mrs. Atinan Bijananda
  5. Mr. Soammaphat Traisorat
  6. Mrs. Wallapa Traisorat
  7. Mr. Thapana Sirivadhanabhakdi
  8. Mrs. Paphatchya Sirivadhanabhakdi
  9. Mr. Aswin Techajareonvikul
  10. Mrs. Thapanee Techajareonvikul
  11. Mr. Panot Sirivadhanabhakdi
  12. M.L. Trinuch Sirivadhanabhakdi

おわりに

バンコクでも多くの再開発案件がありますが、かなりの確率でTCCが参画しておりますのでアンテナを張ってみてはいかがでしょうか。

新興ながら、有効なM&Aで急成長を続けるTCCグループですが、
今後は東南アジアの海外展開にますます力を入れていく方針もあり、関連企業のM&Aにも注目していく必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました