【変動費節約】makro(マクロ) タイ版の業務スーパー

雑記

こんにちは、のらねこです。

本日は、スーパーマーケット「マクロ」についての記事です。

この記事はこんな方におすすめ
・主婦の方
・生活費(変動費)を抑えたい方
・食料を調達したい方

これらの方には、お得な記事にしていきます。

のらねこ
のらねこ

そんな感じで、よろしくお願いします。

のら嫁
のら嫁

はいよ、ここから担当していきます!

今回は私が大好きなスーパーマーケット、マクロについてお届けしていきます。

makro

makro(マクロ)はバンコクで展開する食料品を中心としたメガマートです。

郊外に展開していることが多く、客層はタイ人が多いです。

大きいロットでまとめ買い商品を格安に購入できる。日本でいうと「業務スーパー」をイメージするとわかりやすいと思います。

makroの魅力

makroの魅力は何でしょうか。

ズバリ言うでしょう!
#なぜかまるおくん

のら嫁
のら嫁

それは安いからです!


いつも①フジスーパー、②トップス、③グルメマーケットのような3大スーパーで買い物をしているととにかく高いです。
タイは日本と比べて物価が安いと思われがちですが、
住んでみて思うのは、日本に近い生活をすると2~3倍の物価になってしまうということです。
それで、駐在員の給料が2~3倍もらえたらいいのですが、なかなかそういうわけにはいかないんでんよ。そのため、帯同される家族の方は、生活費を抑える努力が必要になります。
「駐在妻=セレブ」と思われがちですが、陰で苦労されている方も多いと思います。

少し話がそれてしましましたが、

マクロは3大スーパーと比べるととにかく「安い」です。
しかしタイの冷凍庫は結構小さくないですか?
我が家は野菜室冷凍庫が小さいので、マクロで買い物するときはある程度空きが出てから買いに行きます。この辺は、安くてついつい買い込んでしまいますので注意が必要です!

makro(ウドムスック店)

makroは郊外を中心に展開しており、シーナカリンやラマ4などに店舗がありますが、
今回は初めてウドムスック店に行きました。
ウドムスック店は、スクンビットSoi103(ウドムスック通り)にあります。
BTSウドムスックから徒歩10分ぐらいです。荷物が多い場合は、車がおすすめです。
ラマ4のmakro店舗は2階建てですが、ウドムスックは1階のみでワンフロアータイプ。

それでもラマ4よりは広く感じるかと思います。
さすがに郊外スーパーなので駐車場も広くて、たくさん車が止まっています。

入り口付近にカートがあるので、先に取ってから入り口に入ります。
makroは会員カードがありますが、なくても購入できますので作る必要はあまりないかもです。

ベーカリーコーナー

入り口から入ってすぐ左側には、ベーカリー・ピザ・カップケーキが置いてあります。

ここではバーガー用のバンズと、食パンを買いました。
バンズ6個 :33バーツ
食パン一斤 :28バーツ
バンズは中身をキャベツやレタスたっぷり入れてハンバーガーにして食べました。
バンズはオーブントースターで焼くと美味しいです。

野菜コーナー

まっすぐに行くと、野菜がズラーっと陳列しています。

もやしとしめじが欲しかったので購入しました。
このマークがあると、近くの計り専用レジでバーコードを貼ってもらわないといけないので注意です。

・もやし550グラム:13.75バーツ
・しめじ1キロ:65バーツ
ちなみにしめじ1キロとフジスーパーのしめじ59バーツ4回分ぐらいの量です。
安い!!

もやしは量り売りができます。

お肉コーナー

次は、makroの目玉、お肉コーナーです。
こちらは、いついっても盛況です。
お肉山盛り。

初めてお肉を買いましたが、
まずはお試し挑戦ということで、1番安いランプを買いました。

焼いた結果は結構硬かった。ランプは固いですよね。
・ランプ300g:159バーツ。

冷凍のお肉コーナーにも沢山あります。

冷凍コーナー

冷凍コーナーではブロッコリーを購入しました。

これ、すごくオススメです!食べる日に自然解凍しとけばOK。

忙しい主婦の味方です。

・ブロッコリー1,000g:59バーツ。

今回購入する予定ではなかったんですが、ハッシュブラウン1キロを購入しました。
このハッシュブラウン、小さめですが味がじゃがいもとさつまいもの間ぐらいの甘みがあって美味しかったです。少しアンパンマン?スマイル?のハッシュドポテト感がありました。オーブントースターで焼くだけなんで簡単!

・ハッシュブラウン1,000g:99バーツ。

調味料コーナー

調味料もいっぱいあって、韓国の料理に使う調味料などもありました。

ドリンク、乳製品コーナー

お酒やお水ソーダ―なんかも比較的安い値段です。

ドリンクやお米、ゴミ袋など、写真で撮りきれない程沢山ありました。
行った事がない方は是非!

今回の購入品

  • バンズ6個 :33バーツ
  • 食パン一斤 :28バーツ
  • もやし550g :13.75バーツ
  • しめじ1,000g :65バーツ
  • ランプ300g :159バーツ
  • ハッシュブラウン1,000g:99バーツ
  • ブロッコリー1,000g:59バーツ

これだけ買っても 合計で456.75 バーツです。
makroを利用し始めてから、家計に余裕が出ました。
その分、食費で浮いた分を、自分の買い物に回したり、へそくりに出来るので、
生活はかなり豊かになっていっています。

フジスーパーばかりになってしましがちですが、家計を抑えたい方はmakroも選択肢にいれてみてはいかがでしょうか。

お店情報

Makro Food Service
■住所:176 Sukhumvit 103 Rd, Bang Na, Bangkok 10260
タイ語住所:176 ถนน อุดมสุข แขวง บางนา เขตบางนา กรุงเทพมหานคร 10260
■電話番号:02‐033‐0940
■営業時間:06:00~21:00
地図(Google Map)

コメント

タイトルとURLをコピーしました