【映画】タイで心を燃やせ!! 劇場版鬼滅の刃 ~無限列車編~ 

雑記

こんにちは、年末年始ですっかり鬼滅の刃に詳しくなった、のらねこです。
#コミックの大人買いは正義

鬼滅の刃は新品で全巻買っても一万円程度なのでかなり安く感じてしまいます。

「鬼滅の刃のナレッジキング」とかあったらどうなるんですかね。盛り上がりそうな気もします。
私は技名とか全く覚えれないし、たぶん挑戦しません。
マンガの記憶のキャパはONE PIECEに全振りしております。

最近は「映画に行く」という動詞にもいろいろ変化形があるようで、
・えんとつ町のプペルの映画に行く=プペります。
・ポケモンの映画に行く=ココります。
・鬼滅の刃の映画に行くとなったら=「心を燃やします。」だそうです。
今流行の鬼滅の刃無限列車ですが、一度も見たことがなく若干避けていましたが、

流行は体験してから「なにがおもしろいのか」「なぜ流行ったのか」ということを自分の中で言語化して落とし込みたいなということで、タイ・バンコクで「心を燃やしてきました」。

せっかくなので、タイでの映画の見方を含めてご紹介したいと思います。

あまりネタバレにならないようには心がけていますが、以後ネタバレご注意です。

タイの映画の特徴

タイでみる映画の特徴は大きく分けて次の通りです。

  1. 映画上映前に讃美歌が流れるため起立する
  2. 値段がお手頃
  3. タイ語字幕
  4. 客席シートのグレードがいろいろ
  5. 客席が空いていることが多い
  6. タイ語字幕

上映前の讃美歌

まずは上映前の讃美歌について、
タイは王様を尊重する王国国家ですので、イベントの開会前は必ず讃美歌が流れます。
上映前は日本同様に映画CMが数本流れます。その後、讃美歌が流れますので起立して過ごしましょう。

※違反すると不敬罪になったりしますので、郷に入っては郷に従うです。

お値段が手ごろ

次に、お値段がお手頃でコスパがいいです。

日本映画を観ると、タイ映画と比べると少し割高ですが、
それでも一人200バーツ~300バーツ(約700~1000円)程度で鑑賞可能です。

タイ語字幕

タイで映画を見る場合、
字幕はタイ語または英語が一般的です。
日本映画の字幕は特にタイ語が多いですが、日本人は当然字幕の言葉がわからなくても、日本語をネイティブで聞き取れます。日本映画の場合は字幕が関係ないのでを選ばないので非常におすすめです。値段も安いので日本映画が上映されたら、同じ映画でも数回行ったりすることも多々あります。

客席シートのグレードがいろいろ

客席シートは種類が豊富で値段によって様々です。

200B程度の最安シートもあれば、カップル贅沢シートのようなグレードの高いものもあります。

このような、リクライニング可能なカップルシートでも2人で750バーツ(約2300円)ですので、
一人あたり325バーツと考えると、二人ならこちらのカップルシートが断然オススメ!!

客席がいつも空いている!

タイ人はあまり映画を見ないのか、客席が非常に空いていることが多いです。
そのため、席は比較的どこを選んでもノンストレスで観ることができます。

タイ人は笑いのツボが違うので、映画中はとにかくよく映画で笑います。

それは気になりますが、気にせず楽しみましょう!

上映期間がめちゃくちゃ短い

タイでは、上映期間が非常に短いです。
よほどの人気作でなければ一か月以上上映が続くていることはまずありません。
特に日本映画は期間が短く、すぐ終わってしまします。

今回の鬼滅の刃は公開から約1か月経ちますが、タイでもかなりの人気でまだやっているところもあります。いずれにしてもあと数日で終わってしまいそうな勢いではありますので、お早めに。

のらねこ
のらねこ

ここからはネタバレにご注意ください。

劇場版鬼滅の刃~無限列車編~レビュー

私は鬼滅の刃を、AMAZONプライムのアニメ版では劇場版の無限列車の直前までのエピソードを見ただけでしたので、実際のところそれほどハマっている作品ではありませんでした。
日本で興行収入300億円を超え、名実ともに日本一の人気映画となりました。

映画の内容は、原作コミックを読んでいる方にはオチがわかる状態、いわゆるネタバレ映画なのですで、これほどのモンスターヒットはさすがに予想しなかったなーと感じます。

モンスターヒットの要因としてコロナの反動原作の最終回のタイミングTVキー局が放送権を独占していないので扱いやすいなど、いろいろな要素が爆発的に絡まっていると思います。
今後のエンタメは、ネタバレを戦略に入れて、無料公開を前提に組み込んだ設計(別のところでマネタイズする)の必要がありそうです。

そういった意味では、キングコング西野さんの「えんとつ町のプペル」は制作を見せて売り出しているので、かなりヒットする可能性があるかもしれません。

海外ではまだまだ知名度は低そうなので、えんとつ町のプペルがタイで上映されるかわかりませんが、めちゃくちゃ楽しみですし、タイでも人気が出そうで、世界レベルでヒットをひそかに期待している作品の一つです。

少し話はそれてしまいましたが、
「劇場版 鬼滅の刃」は、絵の鮮やかさ・内容も構成のすばらしさ、かなりの満足度でした。

一つ苦言を言わせてもらうと、結末がバットエンドとは思っていなかったので非常に切なくなって終わってしまい後味が悪かったなーと思いました。
(最後はハッピーになってほしい)

また演出では、映画ならではの演出(爆発やアクション要素)をあえてし過ぎないような原作の良さを残している感じも、映画作成チームが原作をリスペクトしているある種のこだわりを感じました。

今後の続編については、
また配信になるのか、または映画化していくのか、
どのようになるかはわかりませんが連載が終わっても、鬼滅の刃ブームの物語はまだまだ続いていくんだなと感じます。
個人的には遊郭編や上弦の下位の玉壺・半天狗あたりはエピソード的にはアマゾンプライムで、その後最大の終盤の無限城編を映画化の流れが盛り上がるかなと思っていますがどうでしょうか!?
#勝手に一人で盛り上がりだしたので、うざい

おわりに

映画鑑賞は、外国に来たら言葉がわからないからと、どうしても敬遠してしまう方が多いのです。

しかし、タイの場合は価格が安くかなりお手頃に映画を楽しめる環境ですので、この環境で映画を見ないのは損です。
例えば、ディズニー映画などある程度頭にストーリーがはいっているものを、英語/タイ語字幕でみてリスニングの勉強に使うのも結構おすすめの見方の一つです。

無限列車を見る際に、ポップコーンを買ったとき、なぜか時季外れのONEPIECEスタンピードグッズをディスカウント価格でゲット出来たするのもタイならではかも?

雑記的な内容ではありましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ほな、バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました